不動産投資とは

Pocket

今日は不動産投資とはどのようなものか説明します。

不動産投資とは、利益を得ることを目的として、アパートやマンションなどの不動産に投資することです。
具体的には、不動産を他社に貸し出すことで得られる家賃収入、投資した金額以上での売却による売却益が得ることが可能です。

投資案件としては不動産以外には株、FX、債券などがありますが、株やFXなどと比べると不動産投資による家賃収入は安定しているため、リスクは少なくなります。
逆に、株やFXのように短期間で倍になるようなケースはほとんどありません。

このため、一般的には「ミドルリスク ミドルリターン」の商品であると言えます。

不動産投資には代表的には以下のようなメリット、デメリットがあります。

<メリット>
・不動産が安定した収入を稼いでくれる
・相続、節税対策として有効
・生命保険の代わりになる
・少額の自己資金でも可能

<デメリット>
・空室リスク
・家賃の下落リスク
・滞納リスク
・災害リスク
・事故リスク
・物件の老朽化
・物件価格の下落リスク


ここまでが一般的な話ですが、私は上記の言葉以上に不動産投資にはメリットがあると考えています。

それは、メリットの最初にありますが、不動産が収入を稼いでくれることにあります。
つまり、本業を持ちながらでも不動産によりある程度長期的に安定した収入を得ることができます。

それはものすごく大きなことで、安定した一本の柱ができると、ものすごく人生の可能性が広がります。

私は以前に働いていた職場で雇用喪失の危機に陥ったことがありましたが、そこから人生を開いてくれたのが不動産投資でした。

会社の給料だけに依存しない収入源を初めてもたらしてくれました。
そして、経済面だけでない副産物ももたらしてくれました。

その結果として、自分の人生の可能性も大きく広がっていきましたね。

次回以降では、不動産投資の知識だけでなく、様々なメリットも絡めつつお伝えしていきますので、ご期待下さい!

 

新サービス『不動産投資家コンシェルジュ』がオープン!

現役投資家に実際に相談が可能です!!

詳細は以下よりご確認ください↓↓↓

 

http://r-estate.net/lp/

 

 

Pocket